自衛隊音楽祭りに行ってきました

イヤーそれにしてもだいぶサボってしまいました。

また始めるゾ!っと

11月18日土曜日、偶然手に入ったチケットで、日本武道館で開催された
自衛隊音楽祭りに三男を連れて行ってきました。

結論から言うと、私にとってはとっても良かったです。

わずか数年間ですが、自衛隊の音楽隊に若いころ在籍していたので、懐かしさもあり、行ってきた訳です。

久しぶりの音楽祭りは、とてもレベルがアップしており、ショーとしても、とても楽しむことができました。

三男の小学生の息子も、初めて聞く生のパワフルな演奏に目を輝かしていました。

しょっぱなの中部方面音楽隊の方面音楽らしい、ハツラツとした演奏、体中を振動させる和太鼓のすさまじいサウンド、米軍ゲストバンドのノリのいい演奏、どれもすばらしいものでした。

来年は、できるだけ多くの家族を引き連れて、行きたいものです。
posted by ヒロト at 16:11 | Comment(17) | TrackBack(16) | 日記

安倍総裁誕生

分かっていたこととはいえ、ホントに安倍さんになると、なんか新しい事が始まりそうで、不思議なものです。

実際はそう変わらないのかもしれませんが、安倍さんの若さと、それゆえなのか、間違っている事には間違っているとはっきり内外に物言う姿勢には、期待したいです。

しかし、岸さんから始まって、親子孫と三代目の政治家なんですね。
すごい家系ですね。うちとはだいぶ違う。 なんででしょうかねー。

うちに孫ができて、その孫が大きくなって、一体何になるんでしょうか、そういうことを考えると、不思議ーな気持ちになるのは私だけでしょうか。
posted by ヒロト at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

輸入食品の通関業務

1週間前に、注文していた商品がアメリカから届いたので、その通関の為に久々に東京に行きました。

以前通関は、業者にお願いしていましたが、輸入量が減ったので経費削減の為に、自分でやる事にしたのです。

それに伴い、商品は郵便で送らせることにしました。こうすると、通常成田まで通関業務に行かねばならないところ、東京の外国郵便(外郵)で行えるので、楽なのです。

食品の輸入なので、最初は食品の輸入許可を厚生労働省の食物検疫所からもらうのですが、これがなれないと大変なのです。
私は、かなり慣れてしまいましたので、他の業者や、担当者が、なんだかんだと差し戻されているのを横目で見ながら、簡単に5分程度で済ませ、許可書類を受け取り、荷物を引き取りに、外郵へ向かいます。

外遊の隣に税関があり、そこで通関業務を行っていますので、書類を提出して、通関して、やっと、荷物の引取りです。

でも、商品が届くと、安堵感と言うか心が落ち着くことができ、「よし、これからまたやるぞ!」という気持に成れます。
posted by ヒロト at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

次男の学園祭

今日は、次男の学園祭に末っ子を連れて行ってきました。

早いもので、埼玉に引っ越してきた時はまだ幼稚園に通っていたのに、今は高校3年生。高校生活最後の学園祭だからと、行ってみる事になりました。

いやしかし、あの若さのエネルギーはとんでもないものですね。つくづく末っ子を連れて行ってよかったと思いました。私一人だと、場違いなオジサンがウロウロという感じになっていたと思います。

行くにはもう一つ理由があって、末っ子が小学校でトランペットを始めてブラスバンドに興味を持ち始めたので、「お兄ちゃんの学校のブラスバンド聞きに行くか?」と聞いたら「行く!」というので、こういうことに成りました。

学校に着くと、ちょうどブラスバンドの演奏がはじまる時間が近づいていたので、演奏会場である体育館にまず入りました。

すると中は、なんじゃこりゃーと言いたくなるほどの、若さのエネルギーと熱気が充満する空間で、「うわーたまらんなー」と酔いそうになりました。
「先生方も大変だなー」と変に同情しながら、演奏を聴きました。

次に、息子のいる教室。段ボール箱や布切れで作ったデコレーションの中に家では見たことも無い、生き生きとした笑顔の彼がいました。

そうか、お前、頑張ってきたんだなー…
posted by ヒロト at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

出会いは妻の脳腫瘍でした。

もう、14年も販売している健康食品のお客様から、昼過ぎに電話があり、体験談を報告していただきました。今日はその内容を書いてみます。

ここから
============================================

私がホーリーサンと出会ったのは、妻の脳腫瘍がきっかけでした。

妻は手術をして、その後2ヶ月間放射線を受けていたのですが、1ヶ月目が終えた頃から、毛が抜けて、熱が出て、食事もできなくなり、点滴の日々が続いていました。

そんな時でした。知人からホーリーサンのことを知り、また熱心に勧められましたので、じゃあ試してみましょうかと半信半疑でしたが2個取り寄せ、妻に飲ませてみました。

そうしましたら、1週間くらいで今までずーっと下がらなかった熱が下がり食事もできるようになって、本当にびっくりしましたが、診てくれている先生も、とても驚いておられました。

妻は、その後の2ヶ月目の放射線治療も苦痛なく終えて、今では、無事退院して回復に向かっています。

ホーリーサンのおかげで、こんなにも早く、しかも楽に回復することができ、いい物に出会わせて頂いたと、本当に感謝しています。

それから、私自身の事なんですが、私は現在夜のトラック運送の仕事をしておりまして、昼と夜が逆転した生活ですし、荷物の積み下ろしの作業もあるので、肉体的にも精神的にも大変疲れてしまっていました。

でも、妻の回復の様子を見まして、自分でも飲んでみようかと言う事で、4錠ほど飲んでみたところ体中に力がみなぎり、精神的にも肉体的にも、体の内から、すごい活力が湧き上がってくるのを感じる事ができ、今では、とても快適な生活をおくらせていただいています。

私にとってホーリーサンは、とても即効性があり、生活の切り離せない一部になっています。

==============================================
ここまで


こういうご報告を受けると、本当に今までやってきて良かったなーと、心から思います。とても良い気持ちで1日を終える事ができました。
posted by ヒロト at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

グーグルアドセンス

アドセンスに関する無料レポートを見つけたので、それをテキストにアレコレやってみました。

HTMLやスタイルシートに関する知識が殆んど無いので、なかなか難しいものです。でも、少しは見栄えが良くなったかなと思っております。

ところで、自営業者にとって月末は苦しみの日々です。
ものすごく儲かっているところはいいでしょうが、うちはそういうわけではありませんからね。

今日も2件の引き落としがあるので、その準備に口座にお金を入れに行きました。口座からどんどん引き落とされるのではなく、毎日振込みがあり、引き落としの事を考えなくとも良いようになるように、仕事頑張らねば。
posted by ヒロト at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

グーグルアドセンス

夕方メールを見てみたら、グーグルからアドセンスを張ってもいいですよのメールが来ていたので、こうかな、ああかな、とやってみましたが、今夜の11時50分ですが、今までかかって、まだできません。

ムツカシ〜

明日に期待!
posted by ヒロト at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

自営について

私は自営です。

ですから決まった額の給料も給料日もありません。

もちろん、ボーナスも退職金もありません。

保障もありません。


でも、私は自営がいい。


自営になってから、14年。以前はサラリーマンでした。
サラリーマン時代はできなかった事が、今はできます。

それは何かと言うと、家族のそばに居てあげられることです。

サラリーマン時代は、朝早く家を出、帰宅は夜遅くで、出張も多かった。
長期出張から帰ってきたときなど、まだ幼かった次男は怖がって寄ってもこなかった。

でも今は、彼等が必要とするときにそばに居てあげられるので、とても会話が増えました。学校の事、進路の事、人生の事、趣味の事、他愛も無い事、いろんな質の話を子供達や家内としています。

そしてそれらが、宝物となり、仕事への力となっています。

「自営になってよかった。」とつくずく思います。

資金繰りとか大変なときはとっても大変ですけどね。
今日は、その銀行周りの日。大変でした。

posted by ヒロト at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

長男から電話

たった今、地方で営業の訓練を受けている長男から電話がありました。

今日は、休みでゆったりしていたようです。

成績を聞くと、結構きびしいらしい事を言っていました。

こういう事は、心が折れるとおしまいなので、私の若い頃の経験や、心の持ち方などを伝えました。

長男とは、離れて暮らすようになって、かえって気持ちが近づいたような気がします。前からよく話をする関係ではありましたが、近頃は以前にもまして、よく助言を求めてきます。親としては嬉しいものです。

きっと、一つ一つハードルを乗り越えながら、着実に成長していくのでしょう。

今度会うときが楽しみです。
posted by ヒロト at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

仕事部屋の掃除

私は自営で家の一室を事務所にして仕事をしています。

ですからと言うと何ですが、油断をするとすぐに、仕事部屋の中は書類や伝票があっちこっちに散らばって、とんでもない事になってしまいます。

もともと、整理整頓が得意のほうではないので、意識して掃除をする日を作らないとまずい事になります。

それで、今日は掃除の日でした。

と言う事で、疲れてしまったので、今日はここまで。
posted by ヒロト at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

BSの映画

NHKのBSでやった映画を見て、いたく衝撃を受けてしまいました。

『父と暮らせば』と言うタイトルで、広島の原爆を題材にした映画でした。

原爆で身寄りや知人友人の殆んどを失ってしまい、一人生き残ってしまった娘(宮沢りえ)は、自分だけが生き残ってしまったと言う負い目から、自分は幸せになってはいけないんだと頑なに思い込み、幸せから未来から目をそむけ、心を閉ざして生きていました。

そんな娘を不憫に思い、何とか幸せにしてあげたくて、原爆で既に亡くなってしまっている父親が幽霊となって娘の前に現れ、数日間、親子の、時にやさしく、時に激しいやり取りを経て、娘を幸せに導くと言う話です。

映画のできも、演技も素晴らしくどんどん引き込まれて行ったのですが、
その、話の中で描写される原爆の実際の悲惨さが、今まで触れた事のないような、とても具体的で、自分がその場にいたような感覚で(おそらく実際はそんな甘っちょろいものではないのでしょうが)伝わってきまして、とても深く考えさせられました。

というのは、私は長崎、家内は広島の出身で、結婚当初、原爆夫婦だね。などど言ったことがあるのです。

でも本当は、家内のほうは、親戚も両親も実際に被爆し、実際原爆で亡くなった人が親戚の中に沢山いましたが、私のほうは、当時、殆んどの親戚は韓国におり、戦後引き上げてきたのであり、父の仕事先が長崎であった為、長崎で生まれたに過ぎないので、原爆に対する思いもそれを言葉として言うときの重さも、全く異質のものだったんだろうなと思わされました。

私はもともと暗い事があまり好きではないので、テレビで原爆の特集があっても、何か暗い感じがするので、あまりしっかりと見ていませんでした。

でも今回、私の人生で初めてだと思いますが、本当に真正面から原爆と向き合う感じで、映画を見る事ができました。

家内の心の中には、こんな大変な世界があり、そんな中で共に歩んできてくれていたのかと思うと、家内に対する心からの素直な感謝の気持ちが湧いてきました。

posted by ヒロト at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夏休みの宿題

garakutadon.jpg
今日は末っ子の小学生の夏休みの宿題を手伝わせられました。というか
喜んで、主体的にやっちゃったんですが…

左の写真はガラクタドンという怪獣だそうです。
少し前から、家のガラクタを集め始め、それを組み立てて始めたときには、「何をまた始めたのかねー」と 多少あきれていたんですが、本人から、その計画を聞きましたら、「あら、それはなかなか良いじゃない!」と 私のほうが乗り気に成ってしまい、今日はその色塗りを手伝ってしまいました。

手伝うと言っても、カラースプレーを一緒に買いに行く程度で、塗り方のアドバイスをした他は、彼が殆んど自分で塗り上げ作り上げました。

これ、ホントです。
私の小さいときは、両親が合作して両親の作品を作っていましたが…

ね、なかなか良いでしょう?
元はガラクタとは思えません。

本人も、予想以上のできに満足げでした。
posted by ヒロト at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高校野球決勝戦

今日は月曜日。仕事をしなければいけないのですが、決勝戦の再試合が気になって仕事に集中できない。ダメな私。

試合が始まったらもうダメ。見ちゃいました。熱入れて。

どうしてこんなにも純粋に熱くひたむきになれるのでしょう。
見る者に、これだけのさわやかな感動と明日へのやる気を与える力はどこから来るのでしょう。

ホントに高校野球好きだな。

巷では、斉藤投手の丹精で上品な顔立ちと青いハンカチ、それでいながら、見るものを圧倒する精神力と体力。すごいですねと その話で持ちきりですが、私としては、もちろん斉藤君の素晴らしさには脱帽ですし、実際感動しましたが、相手の田中投手が、個人的には良かったですね。

どちらかと言うと斉藤投手に対するヒール役的な感じに報道されたりしていましたが、日焼けした顔で黙々と投げ込み、敗れ去ったとき、涙を見せ、うなだれるキャプテンの肩をたたきながら、話しかけていたときのあの"笑顔"良かったですね。
あの笑顔に男を見たのは私だけではなかったのではないでしょうか。

実は駒大苫小牧のキャプテンにとてもよく似た人が近くにいて、新田さんというんですが、試合中ずっと新田さん新田さんと呼んでいたので、キャプテンの本名がよく分からないんですが、その新田さんを最後慰めていたので、その姿に感情移入したのかもしれません。ハハハ

しずれにしても、二人ともこれから大きく成長して日本のプロ野球を支える人材になるでしょうし、なって欲しいと思いますが、私たち大人が、暖かく見守っていってあげなければなと、思ったしだいです。
posted by ヒロト at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

功名が辻

お盆の休みがハードだったせいか、トシのせいか、今頃、疲れが出てきているようで、今日は何もしたくないと言う気持ちでした。

ただし、今晩は、絶対見る事にしているNHK大河ドラマ『功名が辻』があります。これだけは必死で見ました。

何故かと言うと、若い頃功名が辻の小説に出会い、何度か読んでいくうちに、とても好きになったからです。

また、もう一つ思い出があり、新婚当時、家内に「是非これを読んでくれ」と、本を手渡しました。
すると「何故?」と純粋に聞いてくるので、私も正直に、「ここには、内助の功で、夫の立身出世を実現させた良妻賢母の典型、千代と言う女性が出てくるので、これを読んで、貴方にもそのようになってほしいからだ。」と言いました。

今考えてみれば当然なんですが、その時家内は思いっきりイヤーな顔をしました。それ以来、一度も本を開いていないようです。

そして当然、ドラマも見ていません…
posted by ヒロト at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

女子バレー韓国戦

今日は、久々にとても熱を入れて女子バレーの応援をした。(もちろんテレビで)

それにしても、今年の女子バレーは強くなった。イタリアで経験を積んだ頼もしい高橋。世界一小さなセッター竹下。この二人がうまく全体を引っぱって行ってるようだ。

動きもきびきびしてるし、策もバチバチ決まる。気持ちいいー!

最近新聞でもテレビでも報道されるのは、親が子を殺したとか子が親を殺したとか、とんでもなく陰惨な事件や出来事ばかりで、報道で気持ちが高まるなどと言う事は考えられないこの時代に、とても心を明るくさせてくれる試合でした。

やはりスポーツは良いですねー。
posted by ヒロト at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

無題

今日は仕事に追われ、特に何も無い一日でした。
posted by ヒロト at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

休みの最後の日

朝起きてもしばらく体調がおかしかったが、午前中ゆったりとしていたら、少し回復してきたので、予定通り父を茨城に送っていくことにしました。

偶然ですが長男も今日出発すると言う事で、結果、今晩からは父も長男もいない家族に戻る事になりました。なんか寂しいものです。
ついでなので、長男も一緒に乗っけて途中まで送って行く事になりました。

長男はサッカーが大好きで中学まではサッカー部にいました。高校に入るとダンスに転じ、グループを作ってステージで踊ったりもしていました。

それが今は、だぼだぼの服を脱ぎ捨て、長かった髪もバッサリ短く切りそろえ、きちっとした服装をして、明日からの仕事に向けて心を引き締めている様子。あー成長してるなー。伸びてるなー。そして若さがはち切れんばかりです。こういう子供の姿を見ているのはとても嬉しい事で、後部座席に座っている長男の姿をチラチラッと、バックミラーを通して見ながら車を走らせました。

夜中に帰宅すると、なんだか家が少し広くなったような気が…
何となく寂しくてションボリしていると、横合いから次男が、「父さんも、そろそろ子離れしないとね!」 ですと!

うるせーや!
posted by ヒロト at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

熱発就寝

明日16日は父が茨城に帰る日なので、近くに住む弟の家に行くのは今日しかないというので、午前中に弟の家の近くまで送っていきました。

でもその間、腰も足も異常に重く、家に着いたときにはへとへとに疲れきっていました。

これはおかしいなと思い、試しに熱を計ってみると、37度4分ありました。
ここ何年かは熱など出た事が無い為、私以上に家内が驚き、「大変すぐ寝なきゃ」と言われ休む事に。昼過ぎに計ると38度5分に。

と言う事で、ずっと寝ていたので、今日は短いです。
posted by ヒロト at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

三丁目の夕日

この映画は以前近くのレンタルビデオ屋さんで借りてきて、家族で見て感動したので、父が我が家に来た時には是非また借りてきて見せてやろうと計画していました。

三丁目の夕日は昭和33年当時が、時代背景として設定されており、当時の懐かしい風景や人々の暮らしぶり、服装、気質、それぞれ何をとっても、とても懐かしく、自分の過去と重ね合わせてとても暖かい気持ちになる事ができる、私は傑作だと思います。

映画の中でテレビが家にやってきて、ご近所中がお祭り騒ぎになるところがありますが、うちでも、当時父がテレビを我が家に持ってきて、しばらくはご近所の方々も我が家に見に来てました。

特にうちのテレビは、当時販売されていたテレビの組み立てキットを父が自分で組み立てて完成させたものだったので、特に自慢だったのを覚えています。

そんなテレビを囲んで、見ていたのは、やはり映画と同じ力道山!熱狂しましたね。

ほんとに、いい時代でしたね。

物質的には今とは比べ物にならないほど貧しい時代でしたが、人々は何故か今より幸福だったような気がします。
賃金も安かったから生活は楽じゃなかったと思いますが、みんな明るく前を向いて建設的に生きていたような気がします。それに、周りの人にも思いやりの心があったように思います。あんな社会(貧しいのは困りますが)をもう一度
作れないものでしょうかね。

父も、喜んで感動して見てくれました。良かった良かった。
posted by ヒロト at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ココス

みんな久しぶりに帰ってきたので、午前も午後も予定が入り始め、一緒に過ごせるのが今日は昼食時だけということになったので、限られたこの時間をどうしようかとみなで考え、結局ファミレスに行く事になりました。

少しはなれた所には、いろいろバラエティーに富んだファミレスがあるのですが、時間が限られていると言う事で、一番近いココスに行く事になりました。

そこは、結構混んでいましたが、なんとか6人席を確保しました。
さて、オーダー。これが決まらない。

親の方としては、久しぶりなんだから、できるだけおいしいものを沢山食べさせてあげたいと思うのですが、特に長男は、結構遠慮している様子。(なんちゅうええやっちゃ!心の中で思いました。)

結局、量のこともあり、ハンバーグライスみたいなものになってしまいましたが、店で一番高級なものに…。子供達は大喜びですが、6人分となると…(ムムム…チトきついかな?でもまあ久しぶりだから。)すると突然横合いから「ここは俺に出させろな!」と父!

ウォー!もう一人親がおった! 
ホントにすまんこってす。助かります。
posted by ヒロト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。