管楽器修理屋さんの思い出

管楽器修理屋さんの思い出

先のトランペットの記事に、真っ先にコメントを下さったリペアーマンさんのブログを尋ねましたら、管楽器の修理をしてらっしゃる方でした。

そこで、思い出玉手箱の奥底から、ふっと思い出した事がありますので、これを忘れないように書いてみます。

トランペットに燃え、トランペットで身を立てようとがむしゃらだった学生のころの事です。

学生ですから、時々ベルをへこませたり、ぶつけたりと、ボコッ!ベコッとやってしまう事がありました。

困っていると先輩が、「トランペット修理のうまいところがあるよ」といって、一軒の管楽器修理のお店を教えてくれました。

新大久保で降りて、先輩が書いてくれた地図を頼りに、プロも通っているという一流の管楽器修理のお店を目指しました。

ちょっと記憶が不確かなんですが、パンツ屋さんかなんかのお店の角を左に曲がると、細い路地になっていて、そこを進みました。

とても一流の管楽器修理屋さんがあるとは思えない雰囲気にってきましたが、「この先が開けてるのかな」なんて思いながら更に進むと、路地が更に狭くなり、両脇の家が古びた長屋のようになって来ました。

「こりゃ道を間違えたかな?」と思い周りをじっくり見回すと、なんと、すぐそばの長屋の小さな入り口に「管楽器修理」の文字。

「ほんとかよー!」大丈夫かなーと思いながら中に入ると、怖そうなおじさんが黙々と作業をしてました。

なかなか声をかけることもできずに見ていると、「なに?見せてみろ」と面倒くさそうに言われ、楽器を差し出すと、手にとってチラッと見て、「1週間後に来て」と言われたんですねー。ひょっとしたら、来てじゃなく、来い!だったかもしれません。(とにかく怖かったス)

確か、預り証も何もなかったんじゃないですかねー。当時の自分にとっては武士の刀に等しいトランペットを預けるのに、「1週間後に来て」だけなんです。それからの1週間は心配で心配で気が気じゃなかったです。そんな私を見た先輩は大笑いしてましたけど。

1週間後行って見ました。中に入ると「おっ来たか」「ホイこれ」と渡してくれた楽器を見てビックリ。きれいなんです。
こんなに完璧に直してくれるとは思ってもいなかったので、感動してしまいました。

しかも、その管楽器修理店のおじさん、私の身なりで「金持ってないな」と分かってたんでしょうね。修理代をとても安くしてくれました。今では正確な金額は忘れてしまいましたが、学生が感動するくらい、安かったわけです。

ただ怖いオヤジさんだったお店のおじさんのイメージはとっても優しい、いいおじさんに変わってしまいました。

今にして思うと、そうやって、演奏家を目指す学生を援助してくださっていたんでしょうね。

当時は路地の奥に2軒管楽器修理のお店があったんですが、私がお世話になったのは、確か「高橋」という名の管楽器修理店でした。

今でも、立派に続けておられて、管楽器修理では老舗中の老舗になっているそうです。

オヤジさん!演奏家には成れなかったけど、あの時のご恩は忘れていません。どうもありがとうございました!



posted by ヒロト at 12:21 | Comment(13) | TrackBack(2) | 音大時代の思い出
この記事へのコメント
はじめまして、
学生時代、木管楽器の友人に連れられて新大久保のたぶん同じ場所にいった思い出があります。ほんとうに不思議な場所でしたね。おぼろげですが石森管楽器という名前だったような記憶がありました。調べてみると、今も高橋、石森両方ともそこにあるようですね。
Posted by 貧乏伯爵 at 2007年03月12日 13:02
すみません。訂正です。石森管楽器さんは大きな店になって移転したようです。新大久保には違いないようです。
Posted by 貧乏伯爵 at 2007年03月12日 13:05
TBありがとうございました。
良いお話で、TBいただけて却って恐縮に存じます。
私自身は弦弾きで、弦楽器の修理や産の思い出があります。触発されたのでいずれ綴ってみますね。
Posted by ken at 2007年03月12日 13:15
はじめまして、トラックバックありがとうございます。
管楽器についてはあまり詳しい知識はありませんが、楽器や音楽には大変興味があります。
僕はギターやベースを弾きますが、楽器を修理に出したことは一度もありません。むしろ、塗装を勝手に塗り直したり、錆の部分もファンションなどと思ったり、結構楽器を粗末にしています。
考えてみたら、音楽への愛情は多少なりともあれど、楽器への愛情は全くなかったような気がします。もう20年近く演奏してきているのに、今更気がつくとはなさけない思いです。
何か僕に欠けているものがここにはありそうです。また来まーす。
Posted by シュリンパーズ at 2007年03月12日 14:20
TBありがとうございます。
職人さんとの交流って心に残るものが多いですね。
Posted by D-O at 2007年03月12日 16:44
トラックバック有難うございました。

信頼できるリペアマンは、
音楽人生では不可欠ですよね。

私もホルンを吹いているので、信頼できる修理先は確保しています。地元の大手楽器店は値段が高いばかりで、仕事の質は「???」なので・・・。

まだ寄らせてもらいますね〜♪
Posted by ろば君 at 2007年03月12日 17:43
初めまして、トラックバックありがとうございます。
とても素敵な思い出をお持ちですね。そのオヤジさんのお人柄に惹かれます。
一見怖いが心は温かな人、私もそんな出会いをしてみたい!
Posted by ココ at 2007年03月12日 18:28
初めまして!!
TBありがとうございます。
管楽器修理には私もいろいろと思い出がありますが、どれもなんだかイヤな思い出ばっかりな気がします。

私は今学校の楽器を使っているので修理も学校が大手の楽器屋さんに一括で頼んじゃったりするんですよ。
そうすると、楽器ケースの中に入れておいたポーチなどがなくなってることが多いんですよね。

信頼できるリペアマンに出会えてうらやましい限りです。
Posted by ユウ at 2007年03月12日 21:47
新大久保で高橋・リペアといえば高橋管楽器ですね!お会いしたことは無いんですが、素晴しいという口コミを幾度も聞いたことがありますね。
私なんか駆け出しの若造ですから、神のような存在ですよ。信頼されるようなリペアマンになれるよう日々精進です。
Posted by karabiner at 2007年03月12日 23:37
コメントを下さった皆さん、本当にありがとうございます。管理人のヒロトです。

貧乏伯爵さんへ

そうですか、石森さんの方に行っておられたんですか。2店とも元気にやっておられるようで、よかったです。


kenさんへ

お話期待してます。
その時はトラバください。


シュリンパーズさんへ

楽器への愛だなんて、ありがとうございます。直さないと音が変だったから、直しただけですから…それより20年も演奏を続けていることのほうが素晴らしいです。わたしゃ、すぐあきらめましたから(恥)


D-Oさんへ

ブログ拝見しました。私の弟も先月からサックスを始めたんですよー


ろば君さんへ

プロの演奏家の方に来ていただいて、とてもうれしいです。是非いろいろ教えてください。


ココさんへ

クインテットって、なんだか面白そうですね。今度見てみます。


ユウさんへ

素敵なブログとブログのタイトルですね。ところで本当に高校生なんですか?本当なら、とってもうらやましいです。同じ気持ちのおじさん達が、たくさんいると思いますよ。


karabinerさんへ

またまたお越しくださりありがとうございます。管楽器修理は大変なようですが、預かったトランペットがたくさんあると言う事は、確かな技術を信頼して、お客さんがたくさん来ていると言う事でしょう?素晴らしいです。




Posted by ヒロト at 2007年03月13日 23:52
TBアリガトウございます。
コメントしたつもりだったのですが、見当たらないのでもし重複しておりましたらコチラを削除してください。

リペアですか〜。
私もそろそろお世話になるかもしれませんね・・・。
なぜか、大切に扱っていても二箇所のへこみがとても気になっていて・・・。

学校にある楽器の数の都合上、楽器を買うことがトランペットパートになるという前提条件で買わされました。

最近、リペアまでいかないリペア(?)でビックリしたのは、トランペットのベルは手で曲げることができるということです。
先輩の曲がったベルを、楽器屋のかたが素手で元にもどしていたので、とても驚きました。折り目は取れないそうですが、楽器のデリケートさに改めて気づかされた日でした。

私はまだ中学生で、管理人さんのヒロトさんとは指では数えられないぐらいの年が離れておりますが、世代を超えて魅力を感じるトランペットにますますほれ込んでしまいそうです。
また、お邪魔いたします。

PS.URLをいれずにすみません。
今度は入れたのでいけるかと思います。
Posted by YUKI at 2007年03月19日 21:18
YUKIさんへ

コメントありがとうございます。
トランペットのベルを手で直しましたか!
それは、私も見たこと無いです。

それにしても、ホントに中学生なんですか?ウラヤマシー!
これから、何でもできますね。

今ちょっとYUKIさんのブログにお邪魔してきました。
素敵な可愛らしいブログですね。
私なんか、やっとこさ、このブログを始めたのに、たいしたもんですね。

今度、じっくりお邪魔しますね。
それじゃまた。
Posted by ヒロト at 2007年03月20日 22:44
素敵だなんて、照れますよ・・・。

このたび、今使っているサイトさんが多分サービス終了になることになり、新しく移転先を作りました。どちらになるかは、まだわかりませんが、多分今入っているURLのほうをメインに更新するつもりですので、コチラにも足を運んでくださると嬉しいです。

学校は、カナリ荒れていて入学当初は微妙だったのですが、一年もたつと慣れてしまいますね。恐ろしい・・・。

これからは、トランペット以外の音楽も開拓していきたいと思っています。

しょっちゅう先輩に怒られつつも、もうすぐ先輩になります。

また、遊びに来ます。
それでは失礼しました。
Posted by YUKI at 2007年03月28日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ピストルバルブトランペット担当Misaty
Excerpt: ピストルバルブ トランペット担当のMisaty ピストルバルブの発行しているメールマガジン。 その名も、ピストル通信“カワラBang!”― Pistol Valve ― 実は今回、Vol..
Weblog: ムーバブルタイプブログ作成日記
Tracked: 2007-03-16 18:51

ピストルバルブ トランペット担当のM-chan
Excerpt: ピストルバルブの発行しているメールマガジン。 その名も、ピストル通信“カワラBang!”― Pistol Valve ― 始めてこのブログを読んだ方へ。 すみません、ムーバブルタイプブロ..
Weblog: ムーバブルタイプブログ作成日記
Tracked: 2007-03-16 19:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。